4

カテゴリ:
ブログネタ
たまに行くならこんな店 に参加中!
たまに行くならこんな店は、神保町駅と水道橋駅に挟まれたエリアでしっかりとした南インド料理が楽しめる「シリ バラジ 水道橋店」で、土日限定で楽しめる1800円ビッフェを楽しんできました。
_DSC7762


シリ バラジ 水道橋店

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:インド料理 | 神保町駅水道橋駅九段下駅

シリ バラジ 水道橋店の最寄り駅は、水道橋駅と神保町駅がありますが、今回は神保町駅を利用。
_DSC7763
まずは駅ホームより改札フロアへと移動します。
_DSC7766
階段を登り切った後は、しばし長い通路を移動し、スイスイSuicaで改札を抜けます。
_DSC7772
駅改札を抜けた後は、さらに階段を登ってA3~A5出口方面へと進み
_DSC7773
階段を登り切った後は、A3,A4出口方面へと進み
_DSC7774
神保町駅と水道橋駅とを繋ぐ通り最寄りのA4出口より地上へ
_DSC7776
いま来た道を振り返るように神保町駅出入口を激写後は
_DSC7777
シリ バラジ 水道橋店へと向けて水道橋駅方面へと移動していきます。
_DSC7778
しばらく進んでいくと、外国人観光客がしきりに写真を撮影していた逢縁喜縁
_DSC7779
その先には、機会があれば行ってみたいと思っている神保町食肉センター
_DSC7788
平静なのに昭和な雰囲気が漂う山口書店の前を通過。
_DSC7798
クレミアが美味しそうなビオディナミ 神保町店
_DSC7804
蟻塚と言う名前のラーメン店を超えた所に
_DSC7817
今回目当てのシリ バラジ 水道橋店があります。
_DSC7818
シリ バラジ 水道橋店では土日限定(am11.00からpm11.00まで)週末スペシャルバイキングを実施。

店外メニュー表によると料金は男性1800円、女性1600円、子供1000円。内容はサラダ、スープ2種類、スターター2種、カレー3種類、ナン/御飯もの2種、ドーサ、イドゥリー、デザートが楽しめるようです。
_DSC7819
シリ バラジ 水道橋店は、水道橋駅と神保町駅と挟まれた所にお店があります。

今回足を運んだのは昼下がりとあって空いていましたが、10分に1回ほどゆるりとお客さんが順々に入店してきたこともあり、そこそこ人気が高そうな予感ムンムンです。
_DSC7820
その後ビッフェコーナーへと移動すると、左からラサムスープー、チキンパンプキンスープ、マドラスフィッシュカリー、チキンパラク(サグチキンカレーのようなもの)
_DSC7821
Chicken 65(南インド風の鶏肉のからあげ )、Vada Sundal(レンズ豆のカレー?)、Aam aloo Curry(芋カレー)、veg pulao(野菜ピラフ)
_DSC7822
奥にはご飯、野菜、デザートなどが用意されていました。
_DSC7823
今回お店より大皿1枚に加えて、小さな器を5つ使って野菜ピラフ、カレー3種類、スープ2種類をお皿に用意。
_DSC7825
ちなみに南インド地方では一般的にナンは食べず、稲作が盛んなこともあって米がメインで、小麦を使った主食についてはタンドール釜を使わないチャパティでカレーを食べると聞いていましたが、ここシリバラジでは日本向けにアレンジしたのか、ナンも用意しています。
_DSC7827
今回食べたカレーの中でオススメなのは、ほうれん草の円やかさとチキンの旨味が濃厚なチキンパラク
_DSC7829
脂っこさは皆無ながらも豆のホクホクとした食感とスパイシーな風味が後引くVada Sundalがオススメ。
_DSC7831
特にチキンパラクはナンとの相性が抜群です。
_DSC7833
南インド料理店に行ったらほぼ必ず食べて帰る、豆を薄く伸ばして焼いたパーパドは、程良い塩気とパリッとした歯ごたえが癖になる一品で
_DSC7836
単品でおせんべい感覚で楽しむのも良いのですが、ビッフェならではの楽しみということで、先ほどおすすめしたVada Sundal
_DSC7838
チキンパラクは汁気も少なめで、パリパリせんべいのようなパーパドとも相性抜群です。
_DSC7839
南インドの郷土料理のChicken 65は、香辛料がしっかり効いてピリ辛スパイシーな仕上がりで、ビールとの相性も良さそうな仕上がり。
_DSC7840
ビッフェ形式でのメニューをしばらく楽しんだ後にドリンクメニューを見てみると
_DSC7841
ビールメニュー、モヒート、マティーニ
_DSC7842
トロピカルカクテル、カクテル、ジン、ラム、ウォッカ、ウィキペディア、ブランデー、ワイン
_DSC7843
ソフトドリンクでドリンクメニューは以上です。
_DSC7844
ドリンクメニューを見た後はフードメニューも見ていきます。
_DSC7845
フードメニューはスープ、前菜、タンドリー料理、イドゥリー、ドーサ
_DSC7846
野菜カレー、シーフードカレー、チキンカレー、マトンカレー
_DSC7848
ナン、ライス、デザート、ターリー(インド式定食)
_DSC7850
最後に南インド地方の簡単な紹介、お店の紹介とあわせて来店されたお客へとメッセージでメニュー表は以上です。
_DSC7851
今回は土日限定のビッフェを楽しみましたが、個別メニューには南インドのクレープのようなドーサも楽しめることもあり、機会があれば通常メニューにもチャレンジしたいと思います。

ブログランキング参加中です!もしよろしければ下記バナーのクリック(どこか一箇所でOKです。)お願いします。

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ フードライターへにほんブログ村 スイーツブログへ食べログ グルメブログランキング