4

カテゴリ:
たまに行くならこんな店は、箱崎JCTや水天宮前駅に近い静かな通りにあります
牡蠣と肉とのコラボレーションした和タリアン料理が和酒やワインと共に楽しめます
茅場町牡蠣入レ時です。
s-_DSC4000


茅場町 牡蠣入レ時

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:オイスターバー | 水天宮前駅茅場町駅人形町駅



以前中目黒の牡蠣入レ時には足を運んだことがありますが
そちらは魚介と牡蠣との組み合わせの料理が楽しめました。
http://www.tabenomi.info/archives/nakameguro-kakiiredoki.html
今回足を運んだ茅場町牡蠣入レ時の最寄り駅は水天宮前駅で
790bea81.jpg
お店の情報を見るとシティーエアターミナル(羽田空港と成田空港との玄関口)側から
駅を出るのがお店へ訪れる際に近そうなので、まずはエスカレーターを登り
e75361c4.jpg
結構長いエスカレーターを登った後は
ab0247aa.jpg
シティーエアターミナル方面改札を抜けて
996fd8bc.jpg
動く歩道より出口1~3番方面へと移動します。
s-_DSC4043
動く歩道は意外とビュンビュン動き
s-_DSC4044
意外と急な坂道もそつなく動いて楽ちんです。
e6a3910c.jpg
動く歩道を登り終えた後は、2番出口から外に出て
efa42c7f.jpg
駅出口近くの箱崎JCTの様子を激写した後は
s-_DSC4045
現在の位置からお店の場所を確認して、日本橋川方面へ向けて箱崎湊橋通りを歩きます。
s-_DSC4046
人形町や茅場町からも近い場所でありながら、お店への道は大変静かで驚きつつ
s-_DSC4059
都心な中央区には似つかわしくない静寂な通りを進むこと3分ほどで
s-_DSC4062
今回目当ての茅場町牡蠣入レ時の前へと辿り着き
s-_DSC4064
意を決して店内へと進み、予約している旨を伝えて席へと移動します。
s-_DSC4065
茅場町牡蠣入レ時は、水天宮前駅からが一番近いですが

店名にも名前のつく茅場町駅からも近いです。

早速まずはメニュー表を見てみると、片面にはワインやサングリアなどのメニューに料理メニュー
s-_DSC4067
その反対側にはビールやハイボールに日本酒や梅酒に焼酎と合わせて
牡蠣メニューや朝挽き豚を使った刺し身が用意されています。
s-_DSC4069
メニュー表はこれだけなので、もう少し細かく見ていくと
生牡蠣や焼き牡蠣にアヒージョ等の牡蠣を使った料理
s-_DSC4070
朝挽き豚を使った刺し身類
s-_DSC4071
サラダものメニュー
s-_DSC4073
肉を使用したメニュー
s-_DSC4074
〆に頂くと良さそうな麺物とご飯物メニューがあります。
s-_DSC4075
通常メニューの他、別途看板メニューやオススメワインメニューに
s-_DSC4077
本日の生牡蠣メニューも用意されていました。
s-_DSC4078
最初は泡物が飲みたいと言う事で、さっぱりとしたグレラスプマンテ600円を頂き
s-_DSC4082
矢継ぎ早に、オリーブやケッパー等が投入された気の利いたお通しが用意され
味わいよりも洒落た雰囲気がいいなぁと思いながらお通しを食し切ると
s-_DSC4087
生牡蠣3点盛り1400円が目の前に運ばれてきました。

左から志津川(宮城)、いろは島(佐賀)、能登(石川)です。
s-_DSC4088
牡蠣の味わいを余すこと無く確かめるため、何も付けずに頂いてみると

志津川はジューシーで身の締りを感じる味わいで
s-_DSC4092
いろは島は、ジューシーさは抑えられていますが、ミルキーな身の旨味が美味しく
※この日はいろは島が一番美味しく感じました。
s-_DSC4095
能登は、身のハリとジューシーさが格別な一品でした。
s-_DSC4097
その後は生ハムのシーザーサラダ温泉卵添え890円を注文し
s-_DSC4099
ジュリアス・シーザーが好きだったからシーザーサラダと名前がついた噂もありますが
実際にはメキシコ生まれのサラダメニューで、とろりと柔らかな温泉卵か野菜やハムに絡んで
ねっとりシャキシャキと美味しいです。
s-_DSC4108
その後は朝挽き豚レバーのカツレツ700円を注文し
s-_DSC4109
カツレツは元々フランス料理のcotelette(コートレット)が原型の料理でありますが
イタリアン風な料理が並ぶ茅場町牡蠣入レ時になぜカツレツ?と思いましたが
イタリアにもCotoletta alla milanese(コトレッタ アッラ ミナレーゼ)※またの名をミラノ風カツレツがあり
s-_DSC4114
なるほど~と思いながら頂いてみると、表面はカリカリで中は硬くなり過ぎない程度の火の通りで
油で揚げ蒸しするとんかつならいざ知らず(一時期作るのにハマった事があります)
バターで焦がし揚げして作るカツレツを自分が作ったらパサパサにしてしまいそうだなぁと
そうはならない火の通りに仕上げたプロの技を地味に感じました。
s-_DSC4115
その後は杜仲高麗豚の自家製ベーコン炙り焼き850円を注文し

※杜仲高麗豚の公式サイトもあるようです
http://www.tochukourai.com/
s-_DSC4121
杜仲高麗豚の自家製ベーコン炙り焼きは、燻した旨味と肉自体の旨味が濃く
肉厚で柔らかな食感という事もあって、また食べたくなる様なあと引く一品です。
s-_DSC4127
その後は牡蠣とじゃがいものグラタン850円を注文し
s-_DSC4132
牡蠣とじゃがいものグラタンにはバケットも一緒についてくるようで
s-_DSC4129
気が利いているところがある一品で、グラタンは牡蠣の旨味をしっかり感じられて美味しい物の
もう少しおまけのバケットが美味しい物が使われてくれたら御の字だなぁと思いました。
s-_DSC4133
その後はルーマニアのワインである、鋭い酸味を感じるモンシェール680円を頂き
s-_DSC4134
トリッパノ辛いトマト煮込み650円を注文し
s-_DSC4135
ここのトリッパは内蔵部分がかなり大ぶりだなぁと思い
s-_DSC4137
これで内蔵独特の臭みが濃厚だったら完全に好みを選ぶ一品だなと思い頂くと
最初に内蔵独特香りを一瞬感じますか、トマトの風味と辛味の刺激が程よくすうっと消え
s-_DSC4138
食べごたえと風味のバランスが良く、ご飯が進みそうな一品でした。
s-_DSC4141
その後は牡蠣むすびのお茶漬け540円を注文し
s-_DSC4145
程よい塩気の出汁とともに牡蠣むすびを海苔と合わせて
s-_DSC4148
はたまた柚子胡椒と合わせてさっぱりと食しきり
s-_DSC4150
最後にもう一品〆を食べようと思い、牡蠣とゴルゴンゾーラのリゾット1000円を注文し
s-_DSC4159
個人的にはもう少し胡椒を効かせてくれたら御の字でありましたが
チーズと牡蠣のうま味の相乗効果は伊達ではない事を改めて知り、この日の食事を終了しました。
s-_DSC4161
今回茅場町牡蠣入レ時を利用し、先日利用した中目黒店の事を回想してみると
中目黒は魚介が中心に料理を組み立てたのがコンセプトのようでしたが
こちらは牡蠣を軸に肉を合わせたのがコンセプトの用で、どちらも違って良いなと思いつつ
中目黒が立地の印象から、背伸びをしたデートに使えるお店であると思う一方で
茅場町の方はオフィス街から近いこともあって、もっと気軽に使えるお店であると思いつつ
箱崎JCTには空港行きのバスに乗車できる事もあって、出国前や入国後に
お酒と共に料理をつまむ場として使うのにも良いなぁと、実際に利用して感じました。

ブログランキング参加中です!もしよろしければ下記バナーのクリック(どこか一箇所でOKです。)お願いします。

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ フードライターへにほんブログ村 スイーツブログへ食べログ グルメブログランキング