5

カテゴリ:
ブログネタ
たまに行くならこんな店 に参加中!
たまに行くならこんな店は、現在色々なところで人気を誇る立ち飲み居酒屋「晩杯屋」ですが、千代田区初の店舗が水道橋駅近くに「晩杯屋水道橋店」としてオープンしたので行ってきました。
_DSC1000


晩杯屋 水道橋店

夜総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 水道橋駅九段下駅神保町駅

晩杯屋水道橋店の最寄り駅はもちろん店名の通り水道橋駅で
_DSC1002
駅ホームへと降り立った後は、まず御茶ノ水駅方面へと歩いていきます。
_DSC1003
しばし歩いて行くと東口出入口方面へと通ずる階段にて下層階へと移動し
_DSC1004
その後混雑する駅構内を縫うように進んでいくと
_DSC1005
駅改札を発見!スイスイSuicaでさくっと改札を抜けることにしました。
_DSC1006
駅改札を抜けた後は右手に曲がって三崎町、猿楽町方面へと移動。
_DSC1007
東京歯科大学水道橋病院が見えてきたら、手前の道路を右折し
_DSC1008
しばらく高架に沿って進んでいきます。
_DSC1010
しばし進んでいくと、左手に三崎神社の旗が立っていますが
_DSC1012
次の曲がり角で三崎神社方面へ移動するべく左折。
_DSC1014
三崎神社の前を通過してしばらくすると、目当ての晩杯屋水道橋店があります。
_DSC1016
千代田区初の「晩杯屋」は、水道橋駅の近くに進出しました。

晩杯屋水道橋店は立ち飲み店ということで、店内スペースの割に間隔が広めなのが嬉しいところ。まだ開店したばかりとあって空いていますが、いずれは他の晩杯屋同様に混雑するのだろうなぁと想像しつつ席へと移動します。
_DSC1017
席スペースへと移動すると、ビール、チューハイ、焼酎、日本酒、梅酒、ホッピー、ハイボール、ソフトドリンクなどとあわせてなぜかロマネ・コンティもメニュー入り。ロマネ・コンティについては高額商品ということもあり、完全前金予約制とのことです。
_DSC1018
料理は煮込み、サラダ、おつまみ類、揚げ物、刺し身などいろいろと用意。ほぼ100円代で、一番高い料理が鯨ベーコン490円と、大変コスパがよくビックリです。
_DSC1019
今回は生すだちハイ290円を注文。すだちならではのスッキリとした香りが効いて飲みやすい一品です。
_DSC1020
料理メニューは紙に書いて注文するとのことで、いろいろと注文。
_DSC1021
まずはトロッとした食感の生しらす150円をペロリ。
_DSC1022
まぐろの刺身は200円とお値頃価格で、冷凍感バリバリのカチカチ仕様ではなく、程よい冷たさでさっぱりとした赤身の味わいがしっかり理解できるものが使われています。
_DSC1023
国産厳選モツを使った煮込み130円は、味噌の味がしっかり豆腐やもつに染みこんで美味しく、塩気の他に甘みも感じられることもあって、酒の肴でありながら塩辛さを感じにくいおかずとしてもしっかり楽しめそうな優しい味わいです。
_DSC1024
アジフライ110円は、表面カリッと、中の身がふわっとした食感で美味しく
_DSC1025
カキフライ(4つ)310円は、晩杯屋の中では高額なこともあって、ある意味ブルジョワジーの秘かな愉しみ的な一品ですが、熱々かつジューシーで美味しく、牡蠣屋のカキフライ並に美味しく楽しめました。
_DSC1028
続いては〆に3つ料理を注文。
_DSC1029
炙りしめさば180円は、脂が乗った旨味を感じながらも、酢で〆ていることで後味スッキリ。さらに炙った香りもついて酒が進む一品です。
_DSC1031
レバフライ130円は、薄く伸ばしたレバーに衣をつけて揚げたものにソースをつけたおつまみメニューで、中のレバーはパサパサせずにハリがあり、衣はカリッと、さらに甘いソースがしっかり絡んで癖になる美味しさです。
_DSC1034
最後に食べたヤリイカ刺し180円は、甘味とともにハリのある食感がたまらない一品で、廉価な立ち飲み店でしっかりとした刺し身が楽しめることにビックリしました。
_DSC1035
今回噂に聞いていた晩杯屋を初体験しましたが、全般的にコスパがよく料理も美味しくビックリしました。

お酒については立ち飲み店ということを考えると少し高めかもですが、食べる中心な私にとってはぜひこれからいっぱい使っていけたらと思っています。

ブログランキング参加中です!もしよろしければ下記バナーのクリック(どこか一箇所でOKです。)お願いします。

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ フードライターへにほんブログ村 スイーツブログへ食べログ グルメブログランキング