カテゴリ:
たまに行くならこんな店は、花街神楽坂で優しい味わいの小料理が楽しめ
神楽坂でも特別良い雰囲気を感じる路地沿いににお店があるので
神楽坂に来たぞ!と、言う雰囲気が強く味わえて、若い職人が多い事から
店全体が若き力に溢れているようにも感じる暗闇坂 宮下 神楽です。
897ad67a.jpg




関連ランキング:懐石・会席料理 | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅





今回向かう暗闇坂宮下神楽は、お店の名前の下に神楽と付く事から想像が付きますが
新宿区神楽坂にある少し小洒落た割烹店で、神田駅の中央線のホームから見えるような
カラオケ館や博多風龍等の様なギラギラ感は全くない雰囲気と話を聞き
3457794d.jpg

その後数年ぶりに向かう神楽坂と神田の比較をするべく駅看板を激写し
5a69cd8c.jpg

中央線で御茶ノ水に移動後、総武線に乗り換えてしばし移動し
9de1dc84.jpg

花街神楽坂のJR線の玄関口である飯田橋駅へと到着します。
0c10c5c1.jpg

飯田橋駅到着後は駅西口側へホーム上を移動し
577af18f.jpg

飯田橋駅のホームからは、花街神楽坂を思わせる立て看板があるのを見ると
久々の神楽坂が楽しみになって来ました。
27001ec4.jpg

その後はトンネルのような通路へと移動し
57d2e567.jpg

更に長い通路を歩き続けて
80b6794d.jpg

やっと飯田橋駅西口改札に到着しました。
58b2880b.jpg

飯田橋駅到着後は飯田橋駅舎を激写し
9fa8db4e.jpg

今居る千代田区飯田橋より、新宿区神楽坂へと旅立つ事にします。
90e4c7a3.jpg

神楽坂下は、飯田橋の雰囲気があるのか?俗な雰囲気が漂っており
ff071bc1.jpg

神楽坂下交差点を横断したばかりの所では、モスバーガーやドトールコーヒー
5e83707a.jpg

天下一品やパチンコ店
7b648fe4.jpg

サークルKサンクスのサークルKやロイヤルホストが並ぶなど
神楽坂下から続く早稲田通りはしばらく神楽坂感がありませんでしたが
47ed4f95.jpg

坂を登り切った所にある、金谷ホテルベーカリーや、どローカルな五十番辺りまで来ると
外食のコスパ闘争に明け暮れる神田とは違う雰囲気に通りが変化してくるのを感じます。
76447d60.jpg

※写真だけでは神楽坂の様子が分かり難いかと思いますので、神楽坂下より
善国寺(神楽坂毘沙門天)までを歩いた様子を動画に収めましたので
興味のある方は下記の動画を参照下さい。


この日訪れる暗闇坂宮下神楽は、どローカルな中華まん店の五十番の裏手にあるお店ですが
予約した時間よりもかなり早く神楽坂に到着してしまったので、神楽坂がどんな所なのか?
ゆっくりと見て回った記憶も無いことから、時間つぶしを兼ねて花街を歩いて行くと
6f9b308a.jpg

ちょっとした路地も石畳ごしらえになっている事で大変味があり
83f09b68.jpg

神楽坂の路地裏は住宅街ではなく、JCBの看板がある事から飲食店がひしめき合い
7e7b7200.jpg

提灯を入口に配した飲み屋や
840f8bba.jpg

小料理店風の立派な玄関のあるお店もあります。
f18d8798.jpg

狭い小路から大きな通りに出ると
0ff83823.jpg

寿司屋や
dd44a813.jpg

長屋風の小料理店
f0f2dacf.jpg

沖縄料理店等があります。
d97ccc9e.jpg

神楽坂探索遊戯後は、予約した時間も迫ってきた事からお店へと移動し
ee7c6b6d.jpg

少し坂のようになった小路を歩いて行くと
862d4c2e.jpg

バル風の洋風居酒屋や
d6234c9e.jpg

料理店が上下3店並んだ、料理店三兄弟ビルなどがあり
4d83a736.jpg

周りのお店だけではなく、目当てのお店へと続く小路もなかなか味わい深い雰囲気です。
f9540dcf.jpg

そんなこんなで程なくして暗闇坂宮下神楽に到着しました。

ここでの料理は3コース用意され、コースの値段が下から7000円
10000円、12000円の3タイプ用意され、今回は真ん中の10000円を選択しました。
72327696.jpg

神楽坂はどこかで東京の小京都であると言う話を聞いた事がありますが
京都といえば竹林というイメージのある私には、ちょっぴり京都感がある入口だなぁと思いながら
883464cc.jpg

舐めるように下からお店入口の黒光りした通路を激写した後は
d5b826df.jpg

竹に囲まれた入口を通り
8fa857ca.jpg

意を決して暗闇坂宮下神楽内へと入店します。
12caea2c.jpg

※なお、お店は新宿区神楽坂にありますが、最寄り駅は地名と同じ名の神楽坂駅よりも
牛込神楽坂駅や飯田橋駅からの方がお店から近いようです。

飯田橋駅からの地図


牛込神楽坂駅からの地図


神楽坂駅からの地図

今回頂く日毎10000円コースのメニュー内容は

前菜 彩り前菜数種

椀物 若竹椀

御造里 旬肴の造里

焼物 鰆の西京焼き

温物 聖護院大根と鴨ロースの温菜仕立て

強肴 牛フィレの炙り

米物 車海老とトマトの炊き込みご飯 パルメザンチーズ

甘味 きな粉プリン


で以上です。
0228121e.jpg

暗闇坂宮下神楽は、料理を作る所から配膳までは全て職人が担当する事もあり
料理を待つ間職人の仕事ぶりを間近で見られるのも嬉しい所です。
41893c14.jpg

カウンター内の包丁は全て鞘の中に収めた上で置かれ
さながら包丁の意志で、静かに肉や魚を切り裂く実戦の場を待つような雰囲気です。
384b110d.jpg

コースと飲み物は別料金なので、どんな飲み物があるかを見ていくと
ビール、ワイン、梅酒、洋酒、ソフトドリンク
cd56ca8a.jpg

焼酎、日本酒、焼酎ボトル
4d9f9398.jpg

白赤のボトルワイン
89b540df.jpg

シャンパン、デザートワイン、ハーフワイン
9b8cdbe2.jpg

如月(2月)限定の日本酒メニューでドリンクメニューは以上です。
defe05f4.jpg

まずは卵の殻のような磁器製の容器に注がれたお店おすすめの七田を頂き
甘みも強くて飲みやすく、良い香りがするお酒でした。
73ec6de8.jpg

七田がどんなお酒なのかを見るべく瓶をもってきてもらうと
0a8f97f2.jpg

七田を作っているのは、小城羊羹で有名な佐賀県小城市の天山酒造株式会社で
小城市といえば名水遊戯でもお馴染みの清水川のある都市です。

清水川(昭和の名水百選)の感想記事
http://www.meisuiyugi.net/archives/50194250.html
0580ec71.jpg

※今回私が頂いた七田は通信販売サイトでも購入可能です。

お酒を飲んでいる間も職人の仕事は目の前で着々と進み
55b6ee8e.jpg

私たちの他に両脇に2組のお客がいらしてたので
1b663c17.jpg

ぱぱっと職人達は料理を鮮やかに仕上げ
72d40c4b.jpg

最初の前菜である彩り前菜数種が目の前に運ばれてきました。
7bda01ac.jpg

今回運ばれて来た前菜の内容を写真左からどんな料理が来たか書き出してみると
蟹と山菜のお浸し、つぶ貝の旨煮、インゲンとシイタケの黒胡麻和え
鶏の松風、なばなと金時人参の白和え、紫芋のかすてら、キャラわさびと子持ち昆布
です。
5e5e83a8.jpg

前菜の並べ方が和菓子のように綺麗に並んでいるのが初見で好感触でした。

早速前菜を頂いてみると
蟹と山菜のお浸し
蟹の旨味が滲みでたおひたしは旨味があってさっぱり旨い。

つぶ貝の旨煮
貝と言えば火の通し加減が難しく、ただ堅い食感になりがちですが
程よい火の通し加減のおかげなのか?程よい固さでコリコリとして美味しい。

インゲンとシイタケの黒胡麻和え
胡麻のコクが効いて美味しい。

鶏の松風
ちょっぴり甘めな鶏

なばなと金時人参の白和え
具材に豆腐が絡んでさっぱりと美味しい。

紫芋のかすてら
芋のホクホク感そのままにかすてらにしたような味わいです。

キャラわさびと子持ち昆布
子持ち昆布は見た目の通りぷちぷちとした食感がよく
キャラわさびはすっきりピリ辛で美味しいです。

173b2b14.jpg

前菜を頂いた後は、椀物の若竹椀が目の前に運ばれ
5b21bf1c.jpg

フタを開けるとたけのこと白魚が入っており
58db98f1.jpg

思っていたよりも大きな白魚が入ったお吸い物は、淡白な味わいと思っていた白魚から
思っていたよりも旨味が汁に染み出した事で、塩味控えめながら旨味がしっかりとある
塩味濃い目な汁物が大嫌いな方が大喜びしそうな味付けの椀物でした。

その後は旬の魚の御造里を頂き

御造里は真ん中から時計回りに紹介していくと
タチウオ、ヒラスズキ、まだい、あいなめの4品です。
4cc1bb92.jpg

味付けは御造里の皿の上に乗った、醤油とわさびのジュレとゆず塩のほか
別皿にて塩ポン酢が用意されていました。

御造里の魚の味の感想を書き出してみると

タチウオ
適度に身に脂が乗っている物を御造里にした事で
食べた時に口の中でタチウオの脂が溶けて美味しいです。

ヒラスズキ
ムチムチとした食感で良く身が張っていて美味しい。

まだい
ヒラスズキほどではありませんが、適度に身にハリがあり
そして旨味が強いのも特徴的です。

あいなめ
ムチムチとした食感で、さっぱりとした味わいのお魚です。

4ca64c77.jpg

御造里を食べている間も迅速に職人の仕事が続き
5cf1adb1.jpg

程なくして鰆の西京焼きが運ばれてきました。

鰆の西京焼きには鰆の身の他、ルビーオニオンの甘酢漬け
チヂミホウレンソウとみずの大根おろし和え、カリフラワーと赤かぶのジュレ

dc6d243f.jpg

そして裏手にはウドのきんぴらが台座のように仕込まれています。

早速鰆の西京焼きを含めたおかずを頂くと

ルビーオニオンの甘酢漬け
程よい酸味と歯ざわりが良い味わい。

チヂミホウレンソウとみずの大根おろし和え
かすかな甘みがあって美味しい。

カリフラワーと赤かぶのジュレ
赤かぶのジュレがさっぱりと美味しい

ウドのきんぴら
ゴボウほど固くはなく、シャキシャキとした歯ざわりで美味しい。

鰆の西京焼き
身は大きく食べごたえがあり、身に味噌の旨味が染みて美味しく
それでいて味が濃過ぎないのがGood!

340052ac.jpg

その後はおわん物が運ばれてきたので中をみてみると
d6313f54.jpg

温物メニューの聖護院大根と鴨ロースの温菜仕立てが運ばれてきました。

早速聖護院大根と鴨ロースの温菜仕立てを頂いてみると
野菜はどちらかと言えば食感を残したような煮方をしているので
野菜のシャキシャキとした歯ざわりが大好きな方には受けそうな仕上げ方で
鴨ロースは柔らかく、旨味もしっかりとあってさっぱりとした瑞々しい野菜との
相性は抜群だなぁと実食して感じました。
ef73c06c.jpg

温物を食している間も職人は迅速に動き
9a0458fe.jpg

牛フィレの炙りがささっと提供され
2dbb9edf.jpg

牛フィレの炙りは、燻したような独特の香りがあるのが特徴で
味付けにはワサビと石塩のほか
2dd7eb3b.jpg

別皿に天つゆが用意されていました。

牛フィレ肉の味は勿論美味しく、凄く柔らかい食感であっさり食べやすいのが印象的でした。
284d56d9.jpg

その後は冷たいお茶を飲みながら口の中をさっぱりとさせ
841ff603.jpg

職人自ら釜を持って説明して下さった、車海老とトマトの炊き込みご飯パルメザンチーズを頂きます。
fe55223a.jpg

車海老とトマトの炊き込みご飯は、海老の風味が強く旨味があって美味しく
c3e72082.jpg

ご飯の上にパルメザンチーズを掛けると更に旨味が増して美味しいです。
09417498.jpg

途中ご飯と一緒にもってきた漬け物をつまんで口の中をリセットし
a68002b4.jpg

今度は急須の中に入っただしを入れて茶漬けの用にしてご飯を頂きます。
e376a76a.jpg

素の車海老とトマトの炊き込みご飯は旨味が濃くてしっかりとした味わいでしたが
だしを入れる事でさっぱりとした味わいへと変化し、スルスルサラサラと食す事が出来ます。
35689f08.jpg

だし入り車海老とトマトの炊き込みご飯を食べた後はきな粉プリンを頂き
0977a489.jpg

一番奥に見えるきな粉プリンの手前には、左手よりレアチーズケーキ、生クリームと苺が配され
さっぱりとしたレアチーズケーキと、円やかな味わいなごまプリンを食してこの日の食事は終了です。
53a5966a.jpg

個人の意見として、懐石料理やコース形式の洋食は価格は張る面は否めませんが
時間差を置いて料理を配膳してもらえる事で、見た目の量よりも満足感が高く
店内の雰囲気や接客の質も価格にともなって向上する傾向にある事から
ゆっくりと落ち着いて食事を楽しめる点で凄く好きなタイプの飲食店の業態で
お財布が許せば毎日のようにコース形式の料理が和洋問わず頂きたい気持ちはありますが
現実はそれを許してはくれない環境にあるので、この日の思い出を胸にしまい
現実の世界へと帰還した名水遊戯管理人でした。

暗闇坂 宮下 神楽 ( 牛込神楽坂 / 懐石料理 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ


ブログランキング参加中です!もしよろしければ下記バナーのクリック(どこか一箇所でOKです。)お願いします。

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ フードライターへにほんブログ村 スイーツブログへ食べログ グルメブログランキング